最近の記事


2009年03月29日

【有料情報を無料公開】車をあと1万円高く売る方法!個人売買でもオークションでも買取店でも使えます!中古屋の秘密を暴露!





貴方の車をあと1万円高く売る方法

タイトルのまんまの内容を公開します。

これは中古車の買い取りをしていて考えだした方法といいますか…

むしろお客さんがこうしたらもっと高く売れるのにっていう

必殺技を余すところなく公開しております。

チャート式で紹介しますので、観ながら実行してください。


注意!中古車屋さんにはこの情報を見たといわないでください。
聞いてしまうと対処されたりしますし、相手も本気になって買いたたいてきます(笑


さてまずはじめに

売りたい車の車検証説明書やスペアキーなど付属品を準備してください。

あと、ネットで売る時は真があると便利ですので

外装の写真と内装の写真も準備してください。

○車検証(必須)
○取扱説明書
○記録簿及びその種類の書類
○スペアキーなど付属品(オーディオのリモコンなども)
○写真(できれば綺麗な状態で内外装を撮影)

これが準備出来たら次のステップです。


次に、車のセールスポイントをチェックします。

オプションで付けた装備だったり、あとから付けた装備だったり。

ナビオーディオETCなんかもそうですし

レザーシートエアロアルミホイールもそうです。

後から小出しにしてもいいのですが「ああ、変わらないですね」って

軽くあしらわれたりもします(僕はしたことありました)

ですから先にしっかりと全てを伝えて

そういった部分をプラス評価させるのが重要です。

あと、あると意外に便利なのが新車時の注文票。

目に見えない装備が記載されていたり(ローダンサスなど)

特別仕様車などを証明できたりもします(○○エディションなど)


それでは次の活動です。







上記に三つの買い取りサイトをリンクしたので

必要な情報を入力して、買取査定に出して下さい。

電話番号を入れるとガンガン電話が来ちゃうので

メールアドレスだけをお勧めします。


実はこの行動がとっても大切なんですが

各社から送られてくるメールをよく見て下さい。

凄い価格差があります!どんな会社も最終的には買い取った車を売ります。

業者間のオークションだったり、取引先の業者だったり

はたまた店頭だったり、海外への輸出だったり。

価格差が出来るのはその会社のクルマの処分の仕方によります。


たとえばトヨタのRAV4という車。

10年以上前の車で、走行距離15万km

いくらだと思います?

普通に店頭で売るなら間違いなく買取は¥0−です。

場合によっては廃車にする処分費を取られますが…

実は海外に輸出されておりました。

一時期は業者間オークション取引で30万前後。

何があっても30万です、事故でも40万km走行でも。

自分の家の近所しか行かない人は気付かない事が多いですが

実はこういったクルマが多数あります。

現行プリウスも世界的な不況になる前はオークションで

絶対に100万円切らない神話

が流れているほどでした、今はダメですが…

輸出が好調だった時は10万km走っても100万円。

7万kmでも17万kmでも100万円で取引されました。


多数の会社に申し込むことで様々な心理が働きます。

買取査定も買い取りが出来ないと利益が生まれません。

でも宣伝広告費はかかるので「大きな利益」より

「小さくても確実な利益」を得るためにみなさん必死です。


つまりは100万円で売れるのを黙っておいて

「10万km走ったんで30万円で…」って業者と

「実は輸出で高く売れるんで80万円で…」って業者がいます。


大手だからとか、有名だからは関係ありません。

営業マンの腕次第、判断次第ですので

一斉に査定を出すことをお勧めします。


ここからが重要ですので、よく読んでください!!




ここで一括査定を出すと相場が分かります。

実際に来てもらって査定してもらってもよいでしょう。

押しに弱いと思われる方は

「○○と相談したいので」と一回帰って頂きましょう

実体験ですが「今すぐ買いたい、なんなら乗って帰る

そんな意気込みで買い取りに行きます。


なぜかと言えば、あとからアプローチする会社は

「じゃあ、あと1万円多く出しますから!」って言って

買取をすることも可能です。

1万円の差で赤字になるような買い取りはほとんどありませんし

先にもいったとおり「買えなきゃ赤字、薄利でも買い取る」が

買取業界、一括査定するときの常識です。


逆にいえば数社の見積もり依頼をして、各社に来てもらうのが

一番価格があがりやすいのですが…ここで注意事項


私も経験しましたが「いや、もう少し…」

なんて引っ張り続けるうちに新型が出たり

世界的な不況になったり、月をまたいで

中古車業界の相場が変わったりします。

月ごと、なんなら週ごとに相場は変わります。

基準は業者間のオークションでして

よくあるのが「似た車が先週売れた」です。


たとえばベンツのEクラス、白い左ハンドルだったとして

買取を悩んでるうちに同じ条件の車がオークションに出ます。

で、売れるとその車の相場を見るのですが

絶対考えるのは「その価格以下」だということ。

競り合いますから1位の人は車を手にします。

次に競り合えば1位の人はいませんので2位の人が買います。

2位の人がいないと3位…と下がるほどに予算が下がり

オークションでの取引価格は下がり続けますので

必然的に買い取り価格も下がっていくんですね。


私が経験したのは白いボルボのワゴン、V70。

白は絶対数が非常に少なくて強気で買い取りに行きました。

他社さんより5万高く90万を提示したのですが

「他はもっと高いかもしれないから聞きたい…」とお客さん。

その返事がこないうちにオークションに似た条件の車がでて

なんと70万円で落札、その瞬間皆さん恐れてしまい

うちも買い取り価格は65万になり

他のお店は60万や40万という店までも。

期間にして1週間でなんと25万円のマイナス。

ただ、契約書を交わしていないのでこういうことが起こります。

逆に「売ります」と契約書を交わしていたとしたら

90万円で買い取る羽目になっていたでしょう。


これは極端ですが、時間との勝負もあります。

ダラダラする人は大損する可能性を持っていますので注意です。


さて本編に戻ります。

ここで、相場がわかったら次は個人売買の準備です。

基本的に時間の余裕があるなら個人売買

今すぐ高く現金化したいならヤフーオークションです。


個人売買はゆっくりと欲しい人を探せます。

ただし「今度連絡しよう」とか「お金がたまったら」という

なんともゆったりした空気が流れています。

ヤフーオークションは逆に出品期間があるので

なくなっちゃいけない!今こそ」とか「お金はなんとかして

って心理が働きますので、落札されやすいです。

ただしヤフオクなどオークションは業者さんも見ており

相場より圧倒的に安いと業者が買いに来たりしますし

大手の中古車サイト以上の価格にはならないという傾向があります。

つまりは様々なサイトで買う時の相場を調べた人たちが

しっかりと予算を決めて買うのがヤフオクをはじめとする

オークションサイトの特徴だと言えます。


個人売買やヤフオクをする時のポイントとして

○綺麗に写真を撮る
○車は綺麗にしておく
○傷なども可能な限りしっかりと掲載する
○整備状況など情報を提供する


綺麗な車をきれいに撮るのは当たり前です。

掲載可能枚数いっぱいに掲載しましょう。

また情報の開示は当たり前のような質問を避けたり

現車見て「やっぱここが嫌だ」なんていう一見さんを排除できます。

整備状況などは目に見えないので伝えましょう。

買う人も店では買わないので情報を欲しています。

ましてや整備状況から今のコンディションを創造できる

セミプロみたいな人もいますので、大切です。


さて

ここでポイントとなってくるのが価格設定ですが

ここで先ほどの一括査定が役立ちます。

一括査定の金額は正直上下に幅がありますが

言い方を変えれば企業が買い取って業販して

さらに店頭販売する利益を載せてもそれくらいで買える価格

つまりその金額で買えるユーザーはラッキーです。

数字で示しますと


査定額 100万円

↓  買取専門店から販売店Aへ

業者間取引価格 110万円

↓  店頭でユーザーBさんへ

店頭販売価格 120万円


こうなるとユーザーさんに「110万円でどう?」

って言ったとしても

アナタは10万円得ですし、買う人は10万円安いです。

こうやってさらに買取額を高くできるんですね。

そのためにも「買取店が買い取る価格相場」が必要で

さっきの一括査定サイトを使いました。

一括査定サイトは3サイトありますが

やはりそれぞれ違うお店が登録していたりもします。
 
情報をかき集めた方が精度も増すので

面倒でも3サイト登録しましょう。登録は2〜3分です。

2〜3分で1万円得する、自給30万の仕事できるなら

こんな手間は省いても構いませんね(笑)


ではここで判明した買取店の差定額に

プラスで5%程した金額がヤフオク相場になります。

プラス10〜15%が個人売買の価格です。


車両自体の価格にもよるので一概には言えませんが

ヤフオクなんかのスタート金額を買取店の見積もりにしても良いでしょう。

一応リンクを掲載しておきます。






ビッダーズオークション

大手のオークションサイトさんを掲載しておきました。

一番上は代行出品です。

写真や説明文をことこまかに書いた上に

検索対策などもしっかりしてくれるので

こういった手段もありでしょうね!!


次に個人売買のサイト。

オールドカーネットワーク
http://www.kochi-jp.com/oldcar/

ウルゾー
http://www.uruzoo.com/

kijiji(キジジ)
http://www.kijiji.co.jp/?ChangeLocation=Y&Location=40001&Refer=DefaultPage

オールドカーネットワークさんは

とってもアクセス数の多いサイトです。

私も何度か売ったり買ったりしました。

ウルゾーさんは情報が豊富。

写真も多数掲載できて、比較的高額で売れますが

時間がかかってしまうのが難点。

kijijiさんは地域密着型です。

近場で売ったりできますし

比較的「クルマ馴れ」したセミプロみたいなのが少なく

変に買いたたかれたりしません。


※あくまで個人的な意見です。


さてこれで準備は完了です。

価格の交渉なんかが来た際はある程度対応しましょう。

ただしあまりにも法外な金額の場合には

一括査定でこんな金額なんですよ」って

査定依頼をした時の金額を提示してしまいましょう。

ボランティアで安く売りたいならかまいませんが

1万円でも高く売って生活の糧にしたいなら

そうやって相場でしっかりと売ることが大切です。


個人売買だと正直買い方次第で

そのまま買取専門店に持って行けたりします。

知人もあれこれ指摘して買いたたいた後

業者間オークションに出して、会社の成績を出していました。。。


たったこれだけで?って思うかもしれません。

でも、この手間を省くと本当に価格が下がります。

気になる方は友達が売れずに困ってる車など

一度試してみてはいかがでしょうか?


また

先着3名様限定で私が無料で代行販売します。



効果が出て「すげー」って思ったら

ブログなりでこの記事を紹介していただければと思います。

紹介が出来ない人は「ラッキー」でどうぞ(笑


希望者は

>>d_foma@hotmail.com<<

までご連絡ください。






posted by ぶろぅかぁ at 18:50 | TrackBack(0) | 総合・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
よかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングはこちらをクリック!