最近の記事


2015年09月27日

【動画】マクラーレンホンダのアロンソが無線で激怒!ホンダエンジンを酷評





怒りのアロンソが11位、ハミルトンがセナに並ぶ通算41勝目 日本GP決勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00000524-sanspo-moto
アロンソは26周目、17歳の新人マックス・フェルスタッペン(オランダ、トロロッソ・ルノー)に防戦むなしくかわされたのが、よほど悔しかったのだろう。27周目を走行中、チームへの無線で、「(これでは)GP2(F1直下のカテゴリー)のエンジンだ! GP2だよ! ああ!」と叫ぶ場面があった。


何かと酷評される新生マクラーレン・ホンダ

他チームよりも100馬力程不足しているとも言われておりますが

その非力さに対してアロンソの怒りが爆発したようですね。

動画もありますので合わせてどうぞ。






スプーンでの一コマで、実際に追い越されたシーンがありませんが

この手前のヘアピンあたりで追い越されたのでしょうか?

自分もレースをしてたのでわかりますが、コーナーでの旋回スピードや

更には立ちあがった際のスピードが上であれば「コチラが上」です。

その後の加速勝負で負けるのはマシンに大きな差があるから。

なおかつ、ターンでの速さがあるならタイヤのグリップがないとは言えず

結局はパワーやギヤ比の問題になってきますから「マシンの問題」なんですよね。


それを実感するシーンがあったのではないでしょうか。

来年は当初の予定のようにポイント圏内にいるチームに

優勝争いも狙えるマシンになっていることを願います。






posted by ぶろぅかぁ at 20:44 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
よかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングはこちらをクリック!