最近の記事


2017年03月30日

ポルシェ911の給油口はフロントにあります





「節子、プラグインハイブリッドやない単なる給油口や…」


そんな声が聞こえてきそうだったので。


さらに新型911(992)のプロトタイプ。ドアハンドルはフラッシュマウント?
http://intensive911.com/?p=88046


先程もネタ元となったサイト、個人的には好きでよく見ています。

ウラカンオーナーということで情報もとってもしっかりしていますし、

有機的なマクラーレンが好きな自分とは全く違う感性をお持ち

しかも情報が多く、なおかつ新鮮なんですがちょいちょい違う。。。



ってことで、今回はこちら。


2019-porsche-911-new-spy-photos.jpg

なお、右側リアフェンダー上(ドアに近い位置)にはカモフラージュされた蓋のようなものがあり、これは今までにキャップのようなものが取り付けられていた部分かと思われます。
このキャップが何なのか今だに不明で、もし「プラグインハイブリッドの充電口」だとしても微妙な位置であり、とにかく謎。



今まで付いてたの知ってますやん!

はい、ポルシェは給油口がフロント、タンクもフロントにあります。


993(空冷)は左側
http://p993.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302788708-1

996(水冷)から右側
https://blogs.yahoo.co.jp/p_o_r_s_c_h_e_9_9_6/GALLERY/show_image.html?id=15423445&no=1


もしかすると、993以前ばかり見ていたのかもしれません。

それだと給油口が左側なんで、右側に何が!?となります。

あと、フェラーリやランボ、NSXなんかもそうですが

MR車の多くが給油口も燃料タンクもリア側に設置しております。

そう考えるとウラカンオーナーからして、リアエンジンのポルシェで

フロントに給油口があるというイメージがないのかもしれませんね。


尚、以前起きた富士スピードウェイでのクラッシュ・炎上事故





コチラはポルシェの燃料タンクがフロントにあったことで

更に悪化したとも言われております。

実際、フェラーリはスピンしたポルシェのフロント部分に突っ込んでおり、

満タンの燃料を、フェラーリのエンジン側に浴びたのが爆発炎上の原因と言われております。

あくまで悪い結果が招かれただけですが、こういうところからも

ポルシェのフロント燃料タンクが分かります。

実際には重量バランスの関係でオイルパンもフロントに設置されております。






posted by ぶろぅかぁ at 11:31 | TrackBack(0) | スパイショット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448567383

この記事へのトラックバック
よかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングはこちらをクリック!